北辰テスト分析(社会編5~ラスト~)

さていよいよ社会編のラストです!

 

設問5は4問しかないのでサクッと行きますか!

 

ちなみに難易度は難しいですね。

 

分野は何といえばいいんですかね。。。

歴史もあれば地理でもあるし、公民の部分もある。

社会総合っていう所ですかね。

北辰テスト,社会専門,社会指導,塾,学習塾,個別指導塾

10月北辰テスト、社会設問5の資料

ここの問題はまず資料が与えられます。

大阪の堺市に起きた出来事の話でまとめられています。

 

調べたこと少ないですね・・・。

 

それはさておき、これを通して関連する問題が出題されています。

北辰テスト,社会専門,社会指導,塾,学習塾,個別指導塾

10月北辰テスト、社会設問5問1の資料

問1は地理の問題です。

地域の総称を答えるものと河口付近の状態を答えるものです。

答え自体は難しくないのですが、基本的に漢字で書かないといけないのでそこが問題ですかね。

 

問1のAに当てはまるのは「近畿」

Bに当てはまるのは「三角州」

 

どちらも小学生で学習する内容です。

ちゃんと漢字書けましたか?

特に近畿の「畿」

 

答え自体はめちゃくちゃ簡単でしたね!

 

問2は室町時代の勘合貿易に関することを答える問題でした。

これは歴史の問題ですね。

しかもなかなかの難易度。

貿易をする代わりに明が日本に要求したことがあります。

それは何でしょう?という問題ですね。

ここは記述式ということもあり、苦戦した生徒が多かっただろうと思います。

 

北辰テスト,社会専門,社会指導,塾,学習塾,個別指導塾

10月北辰テスト、社会設問5問2の資料

模範解答は

「倭寇を禁止して取り締まること」ですね。

 

この室町時代には「倭寇」とよばれる「海賊」がいたんですね。

しかもほとんどが日本人でした。

朝鮮の沿岸や中国の沿岸を活動地域として

貿易を強要したり、船を奪ったりしていました。

そこで勘合貿易をする際に明は日本に倭寇を禁止して取り締まるように要請したってことです。

倭寇にはもう一つあって、

それが豊臣秀吉がいた時代です。

その時の倭寇は日本人は少なく、中国人が多数派でした。

中にはポルトガル人もいたそうですね。

以上「倭寇」のミニ知識でした。

 

問3は歴史の問題です。

安土桃山時代の社会について正しいものを選ぶ問題です。

北辰テスト,社会専門,社会指導,塾,学習塾,個別指導塾

10月北辰テスト、社会設問5問3の資料

アについて

これはその通りです。

この時代にはポルトガルやスペインの船が日本に出入りしていました。

それを「南蛮貿易」と言います。

 

イについて

「朝鮮通信使」が派遣されたのは江戸時代のことなので合致しない。

 

ウについて

遣唐使は平安時代なので大外れ。これが分からないとまずい。

 

エについて

「宋との貿易」とあるので日宋貿易のこと。日宋貿易は平安時代後半の話です。だから合致しない。

 

ここの問題については「安土桃山時代」の政権を握っていたのが誰かを考えてみるとわかりやすい。

この時代の実権を握っていたのは「織田信長」「豊臣秀吉」の時代です。

織田信長は黒人に興味を持ち、「弥助」と名付けて側近にしたり、

地球儀や時計などにも興味を示した。

とにかく異国のものに興味を持ち取り入れていったという記述が残っているように

南蛮との貿易を推し進めていった傾向がある。

 

それを知っていれば正しいものを選ぶのは簡単だったでしょうね。

 

問4は歴史というか、公民というか、ミックスされたような問題です。

歴史としてもかなり近代の問題ですね。

少し前に世界遺産にも指定された「富岡製糸場」の話です。

北辰テスト,社会専門,社会指導,塾,学習塾,個別指導塾

10月北辰テスト、社会設問5問4の資料

このころは「富国強兵」を推し進め、

とにかく「豊かな国」「強い国」を作ることに躍起になっていました。

「富国」・・・富のある国「富」は「豊かな」という意味。

「強兵」・・・そのまま強い兵。

その政策のことを何というか?という問題ですね。

正解は「殖産興業政策」

 

「殖産興業」を簡単に言うと

 

西洋諸国に対抗してめっちゃ機械を導入したり、資本主義を取り入れたり、したってことです。

 

ちなみに「富国強兵」で行ったことは

「学制」「税制」「兵制」の3つです。

 

全員が身分に関係なく勉強できるようにして、

米などの「物」で集めていた年貢を「金」で集める税にしたり、

国民を兵士として鍛えて底上げをした。

 

これで強い国を作ろうとしたんですね。

 

以上で北辰テスト社会の解説・分析を終わります!

 

一昔前の暗記したら何とかなるというテストではなくなってますね。

 

用語を暗記しても

 

その意味や流れをつかんでいないと

 

とても太刀打ちできない。

 

暗記すれば何とかなると思って

 

暗記して満足していると

 

今だと6割も取れないでしょうね。

 

用語を暗記するのは当たり前!

 

暗記したところがスタートライン!!

 

そこから社会の点数を取る勉強が始まるってことです。

 

大事なことなのでもう一度言います。

 

用語を暗記するのは当たり前!

暗記したところがスタートライン!!

そこから社会の点数を取る勉強が始まる!

 

これをやらないといつまでたっても

 

勉強しているのに点数が取れない。。。

 

そういう状態が続きます。

 

原因はそこにあるんですよ。

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

栄進研は全国のどこにもない唯一無二の個別指導塾です。

2種類の個別指導を毎日受けることができます。

教室内部の動画を公開!!

全国模試トップ10入り多数!

学年1位・学年2位獲得!

LINEアカウントはこちら

お友達登録はこちら 

ホームページのお問い合わせはこちら