北辰テスト英語編3

ここまでは北辰テストの設問3までを

 

解説してきました。

 

ここからが本番ですね。

 

設問4からは難易度が別格になります。

 

そうは言ってもそこまで難しいものではないですが、

 

長い英文を読んだ経験が少ないと

 

解いていくのは大変かと思います。

 

では、解説していきましょう!

 

 

設問4

分野は長文読解。

ただ、ちょっと変わった問題で、

場面ごとに切り替わっていく長文をバラした感じのものです。

全てにつながりがあり、前の文章を理解できていないと

後の文章を理解できなくなるかもしれません。

逆に言えば、あとの文章が理解できれば

分からなかった前の文章は理解できることもあります。

どちらにしても速読していかないと時間が足りなくなります。

そういった意味でもここが山場ですかね。

北辰テスト,英語専門,英語指導,塾,学習塾,個別指導塾,英語速読

北辰テスト英語設問4-1の資料

まず設問4の1は問1、問2の二つの問題があります。

問1は並び替えの問題。

問2は内容が一致する英文を作る問題。

 

ここに関してはどちらもそんなに難しい問題ではありません。

まず問1から。

語句の並べ替えなので、文法さえ理解していれば解ける問題です。

[from / the / is / the U.K / that / student ]?

これを並べ替えます。

この語句の中で動詞になり得るのは「is」のみです。

主語になり得るのは「that」「the U.K」「student」の3つです。

「from」があるので「be from」がピンとくると思います。

すると「~出身」という意味なのでそのあとに「the U.K」が来るのはわかるはず。

ということで「is from the U.K」残りの単語は「the / student / that」この3つです。

「student」が単数であることに気づけばこれに「the」がつくとわかりますね。

「the student」が出来上がります。

これをくっつけると

「the student is from the U.K」ここまではできます。

残りの「that」ですが、ここには動詞が一つしかないので接続詞と考えるのは無理があります。

置けるとすると「the student」の前に置いて「あの生徒」としてしまう。

他の単語とくっつくと意味おかしいですもんね?

「that the U.K」「あのイギリス」ってイギリスひとつしかないですし。

ということで

「that the student from the U.K」

ここまではできる。

[]の後ろに「?」があるからこの文を疑問文にする。

be動詞の疑問文なので、主語と動詞をチェンジする。

だから正解は

「Is that the student from the U.K ?」

中一の内容なのでできるようにしましょうね。

 

問2は本文の内容と合致する文章を選んで作るという問題です。

「On the internet , Marina will~」

これに続く英文を選択肢から選ぶ問題ですね。

ア、learn English words to write an e-mail to Ron

イ、play Japanese video games with Ron

ウ、find the videos of some easy Japanese songs

エ、listen to her favorite English song

 

アについて

「覚えるでしょう 英語の言葉を 書くために Eメールを ロンに」

「ロンにEメールを書くために英語の言葉を覚えるでしょう」となるので合致しない文になってしまう。

そんな話は本文中で一切していません。

 

イについて

「遊ぶでしょう 日本のビデオゲームで ロンと一緒に」

「ロンと一緒に日本のビデオゲームで遊ぶでしょう」となるので合致しない。

本文中でゲームの話はしてない。

 

ウについて

「見つけるでしょう ビデオを いくつかの 簡単な 日本語の歌の」

「いくつかの簡単な日本語の歌を見つけるでしょう」となるのでこれが正解。

本文中は日本語の歌の話をしまくっています。

 

エについて

「聞くでしょう 彼女の 大好きな 英語の 歌を」

「彼女の大好きな英語の歌を聞くでしょう」となるので合致しない。

本文中はロンが日本語を覚えるために勧めたい日本語の歌を探す話をしている。

 

最後から3行目の

「I'll find videos of them on the Internet」とあるように

「私は 探すでしょう ビデオを それらの インターネットで」

「私はそれらをインターネットで探すでしょう」と言っているので、

ここの「それら」が分かればできる問題です。

 本文中ではずっと日本語の歌の話をしているので

ここの「それら」は「easy」で「popular」な「 japanese song」ということになります。

 

ちょっと長くなったので続きは次回に。

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

栄進研は全国のどこにもない唯一無二の個別指導塾です。

2種類の個別指導を毎日受けることができます。

教室内部の動画を公開!!

 

全国模試トップ10入り多数!

学年1位・学年2位獲得!

 

LINEアカウントはこちら

お友達登録はこちら 

ホームページのお問い合わせはこちら