11月北辰テスト社会編4

さて、どんどん行きます。

 

北辰テスト社会設問の4です。

 

ここもなかなか難しいところでしたね。

 

年代の古い順に並べるとか、

その時の社会の様子について答えるとかなかなか中学生には厳しいかな。

 

問4以降は用語さえ知っていれば解けるので難しくはないんですが、

用語を知らないと手も足も出ないのでそれはそれできついかもしれないですね。

 

しかし!社会で用語を覚えておくことなど

基本中の基本です。

むしろ用語を暗記していないで社会は戦えない!

暗記してからが社会の勉強なんですね。

 

ということで頑張りましょうね!

 

問1は出来事を年号の古い順番に並べる問題です。

北辰テスト,テスト解説,学習塾

11月北辰テスト社会設問4問1

そういわれるとなかなかきついかもしれないですが、

 

選択肢をよーーーく読めばわかってくる問題でもあります。

ただ、その時代背景を知らないと。。。

 

ま、覚えていきましょうね。

 

ア、坂本龍馬の仲介によって、薩摩藩と長州藩との間で薩長同盟が結ばれた

イ、桜田門外の変がおこり、大老の井伊直弼が水戸藩の元藩士に暗殺された

ウ、幕府の政策に反対していた大名や公家を処罰する安政の大獄が始まった

エ、長州藩が外国船を砲撃したことに対して、イギリス、フランス、アメリカ、オランダの4か国の艦隊が、報復の攻撃を行った。

 

これの並び替えですね。

 

さて、歴史には流れがあります。

「安政の大獄」は誰が行ったのか?

 

これが井伊直弼ですね。

 

その安政の大獄に不満を持ち暗殺したのが「桜田門外の変」です。

相当ざっくり流れを話しましたが、

これで「ウ」→「イ」という流れができます。

 

もう一つは

薩長同盟が成立してから江戸幕府が崩壊するまでは

結構すぐという所に目を付ける。

ということは「ア」が最後に来る。

 

後は「エ」の場所。

これは正直難しい。。。

「薩英戦争」をきっかけに、外国には勝てん!と思った薩摩が、

同じく外国に報復を受けた長州と近づいていくわけですよね。

 

薩摩と長州が外国ってつえぇ~!って思ったタイミングが近かったわけです。

 

そこで!仲良くしようぜ!となって薩長同盟を結んだわけです。

だから「エ」→「ア」の流れになる。

 

うーーん。ここが難しいですね。

 

安政の大獄から桜田門外の変は割とイメージしやすいんですけど、

 

薩英戦争から薩長同盟は厳しいかなー。

 

しかも「薩英戦争」って出てきてないしね。

 

ま、難しい問題ですね。

 

問2は語句の組み合わせを選ぶ問題ですね。

北辰テスト,テスト解説,学習塾

11月北辰テスト社会設問4問2

これはそれほど難しくはない。

 

Pは「伊藤博文」

Qは「ドイツ」

ですね。

 

憲法制定の中心人物と言えば「伊藤博文」これはみんなできるはず!

 

問題はもう一つかな。

 

議会を作る時に参考にしたのが「イギリス」

憲法を作る時に参考にしたのは

君主制を取っている「ドイツ」や「オーストリア」ですね。

 

だからここの答えは「ウ」になる。

 

問3は大日本帝国憲法ができてから第一次世界大戦までの間にできた出来事を答える問題です。

 

これも知らないと出来ない問題なので厳しいですかね。

 

しかも年号を聞かれる問題。。。

 

なかなかやりますね。

 

ア、新橋・横浜間に鉄道が開通して、大都市と港が結ばれるなど、交通網が整備された

イ、天皇の暗殺を計画したとして、多くの社会主義者が逮捕され処刑される大逆事件がおこった

ウ、学制が公布され、満6歳以上の男女が小学校で教育を受けることとなった。

エ、ラジオ放送が開始され、国内外でおこった様々なできごとが全国に伝えられた。

 

ここら辺って激動の時代なんですよね。

 

展開が本当に早い。

 

しかもすべて書いてあることは正しい。

 

判別するのは年号のみ。

 

鉄道ができたのは憲法公布前!

学制ができたのも憲法公布前!

ラジオができたのは第一次世界大戦のあと!

 

ということで正解は「イ」ですね。

 

うーん。。。

 

これは今後減っていく問題ですね~。

思考力が試されていない・・・。

 

知っていれば解けるけど、知らないと無理。

 

次行きます。

 

問4からは語句を答える問題です。

これも今後減っていく問題ですね。。。

 

こんな単純な問題って出なくなります。

北辰テスト,テスト解説,学習塾

11月北辰テスト社会設問4問4

問4は「ヨーロッパの火薬庫」という別名から

「バルカン半島」

北辰テスト,テスト解説,学習塾

11月北辰テスト社会設問4問5

問5は日本が脱退して世界から孤立していったという部分から

「国際連盟」

北辰テスト,テスト解説,学習塾

11月北辰テスト社会設問4問6

問6は「多くの自作農を誕生」という所から

あまりお金のない農民がどうやって農地をゲットできるかを考えてみれば書けます。

「強制的に農地を買い上げ、安く小作人に売り渡した」からですね。

北辰テスト,テスト解説,学習塾

11月北辰テスト社会設問4問7

問7は中国との国交回復の後に結んだ条約なので

「日中平和友好条約」、田中角栄ですね!

 

今後は思考力・判断力・表現力を試されるテストになっていきます。

 

だから本来こういう言葉を知っていれば解けるとか

 

年号を知っていれば解けるとかそういう問題は少なくなっていきます。

 

唯一問6は思考力を試される問題でしたかね。

 

ということで設問4の解説は終わります。

 

次でラストですね。

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

英語の試験は長文のみになっていきます。

英語の速読は必ず必要になります。

英語の長文速読講座のご案内

国語の点数を上げるためには

作文を書く能力は必須です。

作文実践講座のご案内

LINEアカウントはこちら

お友達登録はこちら 

ホームページのお問い合わせはこちら